ママチャリに殺されないうちに美味しい日本酒を飲みましょう

Posted on Mon 28 May 2018 in 日本酒

日本酒パレード

私達の3週間の日本冒険がもおう終わりました。
あっという間に消えてしまったような気がします。
最初の2週間は出張でとても忙しかったし、あとの1週間は有給をとって若葉温泉と金沢に行って、行き来する時間が重なったから、稲妻の閃光のように日々が経って行ってしまったんです。

2週間ほどずっと東京で、品川区白銀台の都シェラトンホテルに泊まりました。
目黒通りの両方の脇に2線の広い歩道があります。
一線目が補導者専用で、二線目が自転車専用の線です。
。。。と、歩道に塗ってあった字を読んだら自治体のつもりだと誰でも分かるけど、事実上、自転車のやつが両方使いがちだし、合図もしなくていきなり線から線まで移ってしまって、おずおず歩いて行く私に間もなくママチャリに殺されるかという心配をかける有様なんです。

でも、そのひどい洗浄を通しながら、不幸中の幸いのことに気づきました。
人生は短い、ということですね。
それに、人生が短いので、ママチャリに殺されないうちに美味しい日本酒を楽しまなきゃだめだ、ということです。

そういう哲学を肝に銘じて、3週間、日本で楽しく時間を過ごしていきました。
今回、日本に行く前に日本酒の作り方や種類を研究する時間があったので、前より色んなブランド製品を飲んでみることができました。
例えば、もともと獺祭の大ファンだけど、(「のもおおお」というサイトで記事を読んだのをきっかけに「幻の日本酒」と呼ばれる「十四代」という大吟醸を初めて聞きました)[https://www.nomooo.jp/blog/15943/]。

十四代

だから、目黒駅の小さい居酒屋で初めて飲んだんです。。
獺祭よりも芳醇とフルーティな味で、お酒を飲んでいないような気がする危ない製品です …


Continue reading

大切なことに集中しないとダメ

Posted on Sat 12 May 2018 in 雑念

僕のメジャースプーン

去年の六月のころから、ダイエットに夢中になってきました。
何故なら、食べ過ぎたり飲みすぎたりするのせいで体重が118キロまで上がってしまいました。
体重が上がった連れに、いろんな副作用も発生したのに気づきました。
働く日にはいつも午後2時ごろ疲れてきたし、階段を登ったたびに息を切らしたし、たまに胸に変な痛みが起こったので、何とかしないとだめだなあ、とついに思い知りました。

だからダイエットを始めて、週3回ぐらいジムに行き始めました。
結果は六か月後、25キロを落としました。
いい結果だったけど、週3回ジムに行くのは大変ですよね。
大変というより、時間がかかることですね。
そして、エクササイズをして以来、日本語で書かれた小説を読める時間がどんどん少なくなってきてしまいました。 いずれ日本語の本を読むだけじゃなくて、自分で日本語で小説とか書くのを目指しているから、ひとまず筋骨隆々な男になるより本を読むほうが大切だと思うから、日課をちょっと変化しようと決めました。

今月一日に、私が頻繁に訪れて参加する日本語を勉強している掲示板で「多読」というイベントが始まりました。
イベントに参加する人が一日から31日にかけてできる限り大量の日本語の記事、漫画や本を読むようにします。
自習のイマージョン・プログラムのようなことです。
若いころから言語を使って、あまり考えずにパッと理解できる人(いわゆるネーティブ・スピーカー)に作られた作品を読めば読むほど、読者自身の第二言語能力も上がる、というセオリーに基づいた練習の方法です。
私は普通に早起きしているので、イベントが始まって以来、毎日5時半ごろ起きて、ジムに行かずに居間の椅子に座って、仕事に支度をしないといけないところまで(約1,2時間ごろ …


Continue reading

週のまとめ: 壊れた電車、芸能人の接触、と突然現れたおっぱいの事件

Posted on Sat 05 May 2018 in 雑念

おっぱい

(この記事はまだ添削していただかなくて、間違いだらけすみません。)

こんにちは。
ジェイです。

さてさて、このつもりはなかったけど、先週はとても面白くなりました。

水曜日に、同僚とともにシャトルからポートランドまで出張しました。
アメリカ人にとってはその距離があまり遠くないと思われるので、電車で行けばゆっくり時間を削げるかなあと思って、乗ってみました。
しかし、途中で電車が全く壊れてしまいました。
次の電車が来るか分からなくて、2時間ぐらいシアトル帰りのバスが来るとアナウンスされたけど、ポートランドで大事な会議があったので、変えるわけには行かなかったんです。
だから、同僚と近くにあるレンタカーのお店まで歩いて、2台しか残っていない車からでかいミニバンを借りて2時間以上ポートランドまで運転していきました。
同僚はもう三日間前にバージニア州から来たのに、「バージニアから来るよりこのほうが大変だったよな」と言って、私は賛成せざるを得ませんでした。
一緒に無言で食事を食べてから、私はホテルの部屋に戻って、ずっと9時半以上爆睡してしまいました。

ーーーー

アメリカの電車がどうしても頼らないものかなあと判断して、シアトル帰りは飛行機のチケットを買うことにしました。
出張と日本の呂鏡をよくやっているので、デルタ航空でプラチナステータスを持って、このような短いルートでファーストクラスのアップグレードを頂くことが普通です。
でも、ファーストで芸能人のそばに座るとは今回が初めてでした。
登場時間がアナウンスされた前に、ある人物が飛行機のドアに近づいて来ました。
私の立場から顔がよく見えなかったけど、げウートの係の人が「写真を撮ってよろしいでしょうか?」と訪ねて、なんか有名人かと思いました。
私がファーストの席を指摘されたのでそのすぐに登場させてもらって、席に座ろうとした途端、隣の席に座っている人の搭乗券を私の席に置きっぱなしなのに気づきました。
彼がぼーっと窓を見ていたので、気づかないうちに搭乗券を撮って名前を読みました。
「ロブ・ロウ …


Continue reading

安いジーパンにやられた連続事件

Posted on Tue 24 April 2018 in 雑念

ジーパン
このやつも間もなく壊れるでしょう。。。

去年、20キロを落として、その時まで履いたジーパンがとてもゆるくなっちゃったので、新しいのを買いました。

ガキの頃から服にあまり興味がなくて、高いジーパンを買うなんてもったいないと思っていました。
(今はそういう考えではないけど、太っていた頃はそういう発想がありました。)
だから、アメリカの有名なデパートに行って、コスパのいいジーパンを探したんです。

結局買ったジーパンは一本で30ドル(約3000円)でした。
有名なブランド製品じゃなかったけど、30ドルのものにしては安っぽくないと思ったから、5本買いました。

5ヶ月頃経って絶好調だったけど、この一週間の間に2本使えない状態になってしまいました。

1つ目の事件はアムステルダムの出張の帰りで、飛行機に搭乗席に座ったあとジーパンの股の部分を見たら、6センチぐらいだとふいに気づきました。
他の服は預けた荷物の中にあったので、仕方がなく膝にジャケットを置いて、できる限り裂け目を隠していました。
事件の原因は鋭利なものに偶発的に擦ったか、なんかの悪魔の悪戯で縫い目が裂けたか、今までわからないので、迷宮入りの事件です。

二つ目の事件も謎に包まれたことなんですけど、妻と一晩だけでホテルに泊まる(英語でステーケーションと呼ばれている)ため、部屋に入った途端、股を見たら(なんでいつも自分の股に気になるのは私自身もわからないけど)、チャクが壊れたのに気づきました。
直接、職場からホテルに行ったので、着替えを持ってきてくれるように妻に頼みました。 「じゃあ、着替えようか」と言いました。 妻は曖昧な顔をして「他のジーパンを持ってこなかった」と言いました。
「え?なんで」
「だって …


Continue reading

燥ぎすぎました。

Posted on Thu 19 April 2018 in 雑念

ダビング

昨夜、同僚三人と一緒にでかけました。
お祝いのことなんか特になかったけど、同僚の一人は普段ボストンで働いていて、他の一人はニューヨーク市で働いているので、一杯しようかと皆が快く賛成していきました。

食事をして、あとは一杯、二杯だけ、と皆が最初に思いました。
実は結局、午前1時まで燥ぎすぎました。 :-o

美味しい夕ごはんを食べてから、ニューヨーク市から来た同僚がホテルに戻ることにして(センスの高い人だからね)、残りの二人と私が他のバーに移って二次会をしました。
私は最近、24キロ落としたから、リバウンドをしないようにカクテルとか他の糖質成分が高いものを避けてウィスキーしか飲まないようにしました。
。。。と言うつもりでしたけど、二次会のところは美味しいカクテルを作ることがよく知られるバーだから、その意思を捨てて、何杯も美味しいものを飲んでしまったんです。
二人も最初は控えるようにしたが、私が勝手におかわりを注文してしまったから、まあしょうがないだろうという顔をして飲んでしまったんです。

あとはボーリング場に行って、閉まる前に酔っ払ったボーリングの1ラウンドをしました。
閉まるまであと30分だったので、ギリギリボーリングといっていいでしょう。
ボストンから来た同僚はボーリングの経験が乏しくても、なんとか圧勝しました。

もう午前0時で、寝ればいいのになんとなく二人を家まで連れてきて、最後の一杯を飲みました

数えきれないほど飲んだけど、今朝、軽い二日酔いでよかったです。
お酒の神様に恵まれたか、アル中になり始めたサインかわかりませんけど、どうでもいいです。
今日働けることは奇跡だから、この小さい恩恵を快く受け取ります。


Continue reading

掛け時計

Posted on Fri 13 April 2018 in 雑念

現代はあまり役に立たずのに過去から残る物がいっぱいある時代だとおもいます。

たとえば、私が何時かと思ったら、時間を見るにはいろんなもので確認できますね。
携帯。腕時計。アップルウォッチ。フィットビット。パソコン。電子レンジの液晶画面。
確かに、現代には私達が時間を避けられない時代と言ってもいいでしょう。

そうだったら、なぜ掛け時計がまだ使われているか不思議のではありませんか?
私は不思議だと絶対に思いますよ。

アメリカのカジノの中では掛け時計がまったくない、と数年前に誰かに指されました。
(大人になってから初めてラスベガスへ出張したときに、ようやく確認できました。)
何故なら、カジノのお客様が何時かわからないほうが良くて、時間を気にせずスロット機械やカードテーブルでお金を費やすために設計されたロボットのように遊び続けるだろうというセオリーに基づいた仕掛けだそうです。

時計を外す理由としてはひどいけど、カジノの例に従うのが二つの利益があると思います。
1つ目は経済的な節約だから。
どの立場から見ると、私達が液晶画面の時計に囲まれているから、壁に時計をかけるなんてもったいない、と考えるしかない。
大手会社が掛け時計の代わりに、なんか動けるガチャとか作って売るほうがいいじゃないか。
2つ目は世の中にある時計を減少するのはいいことだから。
私達は時計に囲まれていることだけじゃなく、私達の人生が時計に支配されていると言っていいでしょう。
カジノで暮らしたいわけじゃないけど、時計のない場所があると思えば、そこまで逃げばいいなあ、とたまに思うときがあります。


Continue reading

はじめまして

Posted on Fri 13 April 2018 in misc

宜しくお願いします。


Continue reading