週のまとめ: 壊れた電車、芸能人の接触、と突然現れたおっぱいの事件

Posted on Sat 05 May 2018 in 雑念

おっぱい

(この記事はまだ添削していただかなくて、間違いだらけすみません。)

こんにちは。
ジェイです。

さてさて、このつもりはなかったけど、先週はとても面白くなりました。

水曜日に、同僚とともにシャトルからポートランドまで出張しました。
アメリカ人にとってはその距離があまり遠くないと思われるので、電車で行けばゆっくり時間を削げるかなあと思って、乗ってみました。
しかし、途中で電車が全く壊れてしまいました。
次の電車が来るか分からなくて、2時間ぐらいシアトル帰りのバスが来るとアナウンスされたけど、ポートランドで大事な会議があったので、変えるわけには行かなかったんです。
だから、同僚と近くにあるレンタカーのお店まで歩いて、2台しか残っていない車からでかいミニバンを借りて2時間以上ポートランドまで運転していきました。
同僚はもう三日間前にバージニア州から来たのに、「バージニアから来るよりこのほうが大変だったよな」と言って、私は賛成せざるを得ませんでした。
一緒に無言で食事を食べてから、私はホテルの部屋に戻って、ずっと9時半以上爆睡してしまいました。

ーーーー

アメリカの電車がどうしても頼らないものかなあと判断して、シアトル帰りは飛行機のチケットを買うことにしました。
出張と日本の呂鏡をよくやっているので、デルタ航空でプラチナステータスを持って、このような短いルートでファーストクラスのアップグレードを頂くことが普通です。
でも、ファーストで芸能人のそばに座るとは今回が初めてでした。
登場時間がアナウンスされた前に、ある人物が飛行機のドアに近づいて来ました。
私の立場から顔がよく見えなかったけど、げウートの係の人が「写真を撮ってよろしいでしょうか?」と訪ねて、なんか有名人かと思いました。
私がファーストの席を指摘されたのでそのすぐに登場させてもらって、席に座ろうとした途端、隣の席に座っている人の搭乗券を私の席に置きっぱなしなのに気づきました。
彼がぼーっと窓を見ていたので、気づかないうちに搭乗券を撮って名前を読みました。
「ロブ・ロウ」と書いてあって、びっくりしました。
彼の顔を二度とじっと見て、たしかに、ロブ・ロウだよ、と息を呑みながら思いました。
飛行機のドアが仕舞った前に、友達三人にテクストを送って、皆「写真を取らないと信じられないよ!」と返信しました。
しかし、係の人にもう頼まれて、窓を見てからぼんやりと自分のインスタグラムを見ていたから、もう邪魔したくなくて何も言わなかったんです。
飛行機から出ていたときに、「頑張って、ロブくん!」とかいうかと一瞬で思ったけど、何も言わずにその飛行機とロブ・ロウの人生から永遠に出て行ってしまいました。

あとは同僚から聞いたけど、ポートランドとシアトルでトークイベントがあるので、邪魔しなくてちょっとだけゆっくりをさせてよかったなあ、と思ったんです。

ーーーー

最後は出張に関係ない話なんですけど、週一回ぐらいオンラインで日本語の先生からレッスンを受けていて、先週のレッスンで「しらべえ」というサイトに書いてあるアンケートの結果を読んで自分の感想を述べました。
「しらべえ」というのは面白い最多だと思って、新しい記事の報告をもらうためにサイトから貰った「デスクトップ通知」の申請を確認しました
。 次の日、デスクトップでこの報告が現れました。。。

おっぱい

使っているラップトップは仕事と個人的な利用に両方使って、会議中にこんなイメージがいきなり現れたらどうするの?!と悩んだので、残念ですが早速このサイトの通知をオフにしました。